ライフ

主婦が新型コロナウイルスについて考察してみる【コラム】

コロナ

こんにちはDJやきいもです。

2020年1月下旬から発生している「新型コロナウイルス」について言及してみようと思います!

オリンピックもある年なのに、いきなり波乱万丈だよね…どうなっちゃうんだろう?

「ウイルス」と「細菌」の違い

顕微鏡

そもそもの違いについて学ぶ

「〜ウイルス」と聞くとすんなり納得できるが、「細菌」と言われるとピンとこないのは私だけ?

違いについて調べてみました。

  • 「ウイルス」…”細胞”がなく、単体では生物と言い切れない
  • 「細菌」…”細胞”をもつ生物であること。自ら増殖できる

難しいことはよくわかりませんが、要するに「生物かそうでないか」がキーですね。

ウイルスが原因の感染症例

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • おたふく
  • エボラ出血熱 など

細菌がもたらす感染症例

  • マイコプラズマ肺炎
  • 溶連菌
  • 梅毒
  • 百日咳 など
スポンサーリンク

コロナウイルスって既にあった?

私たちの身近な「風邪」はウイルスが原因ということです。しかし風邪といってもそのウイルスの種類は様々。

その中に「コロナウイルス」も含まれるってご存知ですか?私もつい最近知った話しです。昨今騒がれているのは「”新型” コロナウイルス」。

なので、もともとあった既存のウイルスが変異してできたものが新型コロナウイルスということです。これの原型は私たちの身近に存在していたんです。びっくりですよね。

コロナウイルス自体は既存のウイルス。変異して「新型」として現れた。

インフルエンザやウイルス撃退には湿度管理が基本なワケ

日本の初動をどう考えるか

会見

各国の対応との違いは

春節で賑わう中国の1月下旬。人々が行き交う中ウイルスは突如として人体を襲っていきました。

慌ただしく対応に追われる中国。日本はどんな対応だったのでしょう?

厚生労働省の発表としては、

・季節性インフルエンザと同様の対策を

・手洗いうがい

・マスク着用

の上で「過度に不安に思わず、正しく恐れて」とのこと。

まぁいいんですけどね。にしてもボヤッとしてるなぁと思いましたね。アジア圏の諸外国は早々に入国禁止令や渡航に関して厳しく制限してたけど、日本は歓迎ムード一色。。

タイミングも悪かった。

中国人にとっての春節はゴールデンウイーク。観光や旅行の機会なんだからそりゃ出掛けたいに決まってるんです。それはそれは日本各地の観光名所は中国人で溢れかえりしまいにはマスクなどの爆買い。

この時点でアウトだったと私は思います。イコール、日本の感染拡大はほぼ決まりです。非常に残念な対応でした。

スポンサーリンク

仕事や学校など生活に与える影響

それからというもの、2020年2月上旬から中旬にかけて日本人の感染者数は激増。

厚労省は再び注意喚起とともに企業への在宅勤務などを呼びかけます。そして「不要不急の外出を避ける」ことも。イベントやライブなどは中止、受験シーズンの各教育機関も試験の延期や中止を発表しています。

日常生活に人混みは避けて通れないし、結局感染も時間の問題なのかねぇ…

中国・武漢のような交通制限や規制はなく、電車も動けば街はいつもとほぼ変わらない状態です。(2020年2月19日現在)

これにより懸念されるのはもちろん「市中感染」です。これは人々の行き来を最小限にしないとなかなか防げないこと。

市中感染とは・街中で感染が拡大すること。
スポンサーリンク

もはや自衛しか対策はない

手ピカ

個人レベルでいかに防ぐか

となるともはや「自衛」のみが感染から身を守る手段ですよね。といってもできることは限られていて、

  • 手洗いうがいの徹底
  • アルコール除菌の徹底
  • 外出時はマスク
  • 人が触れたところに触らない
  • イベントなどどうしてもじゃない用事は避ける

できてこのくらいでしょう。子供は幼稚園や学校に通い、親は仕事に向かうという日常の中で果たしてこれだけで防げるのか?疑問ですがやらないよりはマシですね。

洗面所
【レビュー】手ピカジェルのココがすごい!効果は?価格は安い?【口コミ】 突然ですが「手ピカジェル」ってご存知ですか? ウイルス対策には欠かせないオススメアイテムなんです。 今回は知ってるようで知らない手ピカ...

しかしマスクもない

ここで問題なのがマスク不足です。

心無い利益目的の転売ヤーたちが買い占め、高値で売りさばいている状態。今やマスクが盗まれる事件まで発生しています。

私は主婦なので声を大にして言いたいですが、免疫力の低い子供や高齢者にマスクが行き渡らないのは本当に悲しいことです。

ハッキリ言って感染拡大を助長している状態です。病院からなくなるなんてなおのこと。院内感染で溢れかえればパニックですよ。

パンデミックはすぐそこまできていると思います。

この状態に陥ってまで日本政府は凛とした態度を見せないことに疑問です。きっと今後同じような事態になっても同じ過ちを繰り返すことになるでしょうね…哀れでしかありません。

だからこそ、もうできる限りの自衛しか方法はないのです。

自分を守れるのは自分だけ[まとめ]

国の対応に嘆いていても始まりません。なんども言いますが自分でできることを探して防衛するほかありませんからね。

家族や大切な人を守るためにこのウイルスに対して最善の策で対抗してやりましょう。

もっとも、事態がいち早く収束することを願うばかりです。

お読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
ABOUT ME
アバター
DJやきいも
北海道在住。20代アラサー主婦。メンタル改善とマインドチェンジをテーマにビジネスから恋愛まで幅広い知識をご紹介。他にも自身の妊活記録やコラムなども公開中。