ライフ

マルチ商法[アムウェイ]の対処法!ネズミ講との違いも徹底解説【体験談アリ】

誰しもが一度“マルチ商法”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

聞いたことはあるけど…詳しくは知らないなぁ。

という方も多いのでは?今回はよく耳にするネズミ講との違いも合わせて徹底解説します。

こんな方向けの記事です・マルチとネズミ講の違いがわからない
・パーティーや勧誘イベントの内容が知りたい
・断り方がわからない

マルチ商法って何?

ネズミ講との違い[解説]

一番大きな違いは、「違法かそうでないか」という点。

マルチ商法→合法ネズミ講→違法

マルチ商法(マルチしょうほう、multi-level marketing)は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。ー(Wikipediaより引用)

ネズミ講は”商品の扱い”が無く、会員を勧誘して会員費を取ることで成立するそうです。消費者にとっての”商品”が存在するマルチ商法とはこの部分で異なりますね。

そして、無限連鎖防止法という法律に基づいて禁止されているのがネズミ講。れっきとした違法な手段なのです。

対してマルチ商法は「口コミで広がった質の良い商品」を販売しているだけのあくまでも合法な手段。店舗を構えている会社もありますし、一見すると普通のショップと変わらない感覚です。

今は”ネットワークビジネス”と呼ばれることも多い。

じゃあなぜ問題になっているの?

理由は様々です。「しつこい勧誘」や「高額な商品を無理やり買わされる」など。中には利益を求めるがあまり『儲かる話がある』といった切り口で誤解させ、人を騙すような手口でトラブルに発展するケースがあるそうです。

スポンサーリンク

名前で検索[会社別一覧]

わかりやすく一例をまとめてみました。参考にしてみてください。

マルチ商法
・日本アムウェイ
・ニュースキンジャパン
・アシュラン
・フォーエバーリビング

特に日本アムウェイは売上高1,004億円を超える大企業です。

マルチと聞くと少し聞こえが悪いように思えますが、ビジネスとして実績があるのは確かですね。知名度も高く、その名を知れ渡らせるほど会社としての実力があるのがうかがえます。

アムウェイの本社はアメリカ。その他も海外に本社を構える企業が多いですが、日本でも着実に根を張らせているネットワークビジネスです。

ビジネスとして大成功のアムウェイは、某有名人なども多く利用している。

勧誘やイベント参加【実体験】

アムウェイのパーティに参加した話

私が大学生の時の話しです。当時「友達の家ですき焼きするんだけど、来ない?」と誘われ、なんの疑いもなしに参加したときのこと。(この時点じゃ全く怪しさが伺えない)

友達Aとはわりと仲も良く、気の合う仲だったので楽しみにしていました。内容を聞くと、

・Aの友達も複数人来る

・参加費は一人当たり500円

・Aの知人宅で開催

家に着く前に、近くのスーパーで各自飲み物を買っていざ会場へ。外観は高級そうなマンションで「学生が住んでいるのか…?」と思うほど豪華。中から美味しそうな匂いがしてきて期待も膨らみます。

すると約10名ほどがすでに和気あいあいと参加していて、広いリビングにはテーブル一面にすき焼きやその他の食事が用意済み。

しかも迎え入れてくれた家の主は小綺麗な中年の夫婦。「(想像してたのと全く違う…)」私は変な違和感を覚えました…。のちにわかったことがこうです。

所々にAmwayと表記のある調理器具があった。(メリットなどの会話もしてた気がする)

他にも何人か新規顧客を呼んでいた

あくまでパーティー(食事会)だった

このパーティーのあと何度もまた食事会の誘いがきました。この時は初めてだったからか特にAmwayの名前が出ることはありませんでしたが、その後からはしつこくイベントや食事の誘いがきました。

胡散くささに反応した私は調査を開始。別の友達も誘われていたことも知り、ネットで調べてみると「マルチ商法」というビジネスだということを知りました。初めてこのマルチ商法を知ったのがこのパーティーでした。

その後AとはFacebookでつながりはありましたが、投稿はいつもあの会のメンバーとの食事会やイベントでした。

数回普通に遊んだりもしましたが、その時もサプリやジュースを使用している所を見かけましたね。

正直、何か副業をやりたいと思ってもマルチ商法はオススメしません。それならブログやアフィリエイトの方がノーリスクですからね。

ニュースキンの勧誘を受けた話

その後社会人になり数年後。再びマルチと出会います^^;。当時はもうすでにマルチの存在を知っていたので、興味本位と勧誘に対して断ってやろうと意気込んでいたのを覚えています。内容は以下。

・知り合いAに食事に誘われる。

・共通の友達Bも一緒に誘われる。

・最初から「良いハンドクリームがある」と前置きがある

要するに、私の友達Bと私に商品を売りつける会ですね。(ちなみにBもマルチだと理解済み)

「話しを聞くだけなら良いよ〜」と承諾。レストランで早速こう切り出されました。『美容に興味ある?』待ってましたと言わんばかりの切り口に私と友達は思わず目を合わせます。(今思うとめちゃくちゃ性格悪いですね笑)

それから小一時間その商品の魅力をPRされ、ビジネスとしてやってみないか?まで言われました。おもむろに某ブランドのスケジュール帳を取り出し『来年にはオーストラリアに行くつもり』と謎の宣言をされます。内容をまとめると、

高いけれどモノ自体は凄く良い

「ビジネスとして本気で狙ってる。狙ってみない?」

「無料でこれ(クリーム等)をあげるからまずは使ってみて。感想を教えて」

それに前フリで「先に言っておくけどネズミ講とはワケが違うから」と言われましたね。結構強気な勧誘でした(笑)。素人目にみても「営業ヘタだな…」と感じましたね(^_^;)

私のマルチ商法勧誘・イベント参加はこんな感じでした。

スポンサーリンク

対処法

①興味がないことを伝える

これは大前提かと思います。

実際に「美容そのものに興味がない」とキッパリ断ったケースがあります。

「調理器具は足りている」とか「健康にあまり気を使いたくない」とか取り扱っているモノに対してハッキリと自分は興味がないという意思表示をするのです。

結構有効な方法です。

言い換えればテレビショッピングなどと同じです。”既製品で満足しているならば買わない”のと一緒です。

どんなに良いクオリティかもしれないけれど、私は今のもので十分と伝えましょう。そうすると、ブランド自体を否定している訳でないので印象も悪くありませんよね。

印象良く断れる!

②副業禁止だと伝える

「ウチの会社副業禁止なんだ」と断る方法。確かに、そう言われたら何も言えなくなりますね。

「最近忙しくて時間がない」「業務が立て込んでて…」など入り込む隙間がないことをアピールするのも一つの手です。逆を言えば、相手から売り込まれれば売り込まれるほど逃げ道は狭まれます。

早い段階でこのように忙しさをアピールしておけばしつこく誘われないでしょう。

早い段階で言うのが適切。会う回数を重ねると断りづらい

③逆にマルチに勧誘する←[奥の手]

これは最終手段ですね。(笑)

「実はもう他のビジネスをやっていて、良かったらそちらもどう?なんなら切り替えてみない?」と伝えてみましょう。

目には目を、ではありませんが相手は確実に動揺します。

最後の手段として選んでみてください。(^_^;)

嘘だとバレると困るので、内容をあまり明かさずに会話してみることをオススメします(対面よりもメールなどが適切)
スポンサーリンク

まとめ

”あくまでビジネス”なので、最初から疑い深く否定するつもりはありません。当然ですが当たり前に仕事(生業)として生活している人もいる訳です。

しかしあまり印象が良くないことやトラブルがニュースになったりしているのも事実。

大切なのは「自分がどう感じたか」で判断すること。

マルチ商法に関わらずとも、何かしらの誘いを受けた時は十分な知識を備えて状況を判断すればトラブル等は回避できるかと思います。

この記事が何かの役に立てれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました♫

飲み会に行きたくない!誘いを上手に印象良くことわる方法【断り術】 @DJやきいもです!上司から飲み会の誘い…。行きたくないけど、断る理由がないんだよなぁ… そんな経験ありませんか?そんなときに使えると...

@DJやきいもでTwitterもやってます♪興味があれば是非フォローお願いいたします(‘ω’)

ABOUT ME
アバター
DJやきいも
北海道在住。20代アラサー主婦。メンタル改善とマインドチェンジをテーマにビジネスから恋愛まで幅広い知識をご紹介。他にも自身の妊活記録やコラムなども公開中。