メンタル

人間関係がうまくいかない人へ!パーソナルスペースを使う方法【距離感】

パーソナルスペースという言葉を知っていますか?

人間が、他人に侵入されたくないスペース、空間のことを指します。相手との関係性や親密度をふまえて、適切な距離を保ちたいですよね。

今日はそんなパーソナルスペースについて学んで、人間関係の円滑化に役立てましょう!それではさっそく。

動物と同じく人間にもなわばりがある

人間も動物と同じくなわばりを作ろうとするそうです。入ってこないでほしい、あるいは入ることを許せる領域がパーソナルスペースなわけです。

領域=空間です。

アメリカの文化人類学者ホールは、空間行動に関する研究をプロクセミックスとよんでいます。

日常生活では、大きく分けて4つの距離を保とうとする心理があると分析しました。

立場が変われば人は変わる!?役割が与える心理的影響を紐解く!【ビジネス】 こんにちはDJやきいもです。 ここ数日の間に令和初の国賓をお迎えした日本国。 皇太子さまから天皇陛下へと立場が変わり、初めての大きな行...

4つの距離

その4つの距離を近い順から解説していきます。

密接距離

まずは密接距離

一番近しい人との距離です。恋人や家族などとの距離感に当たります。近づいてにおいをかいでも嫌がられることはないでしょう。(※もちろん、人によります。親しき仲にも礼儀ありです)

よって、電車など公共交通機関での場面ではNGな距離感です。

いきなり近づいて匂いを嗅いでくる人がいたら、速やかに逃げましょう。

個人距離

次に、個人距離

2番目に近い距離です。一般的な距離のイメージがこれにあたるのではないでしょうか。相手の衣服や体をつかもうとしてつかめるかくらいのキョリのことだそうです。

交渉の場などでも、私的なものであればこの個人距離でも問題ありません。家族ではない知人、会話を何度もしたことのある人との距離くらいでしょうか。

スポンサーリンク

社会距離

そして社会距離

相手の体に触れることはできないくらいの距離感です。テーブルをはさんで向かい側、くらいのイメージでしょうか。

ビジネスシーンにふさわしい距離といえます。商談や契約時にはこのくらいの程度で、近すぎず遠すぎずが相手に好印象かもしれません。

密着なんてもちろんNGです。すり寄ってくるような姿勢も、ビジネスシーンではNGでしょう。

公衆距離

最後に公衆距離いちばん遠い距離感です。

自分の行動も理解されないくらいのキョリ。

イメージとしては、教室にはいるけれど席が遠く話さないクラスメイト。というところでしょうか。身振り手振りが必要になってくる距離感です。関係性としてはつながりのない状態といえます。

スポンサーリンク

距離感で感じるストレス

某賃貸アパート会社の騒音問題が話題になりました。

居住空間もストレスに深く関係することがあります。

 

壁が薄すぎて、何をするにも音が漏れるアパートにリラックスして住めるわけがありません。特に住む家は一番のパーソナルスペース。自分だけの空間なわけです。

休めるところがストレスの原因になるなんてもってのほかです。我慢できるのは最初のうちだけなので、早めにそういった問題は解決するようにしましょう。

溜まった負のストレスは見えない心の毒です。積もる前に、解消するようにしましょう。

居住空間はリラックスを第一に。安らげる空間づくりを目指そう

ことばの距離感

物理的な距離と同じように、ことばにも距離感があります。

初対面の人にいきなり、「オイ!お前の聞いてるその音楽教えてくれ!」と言われたら、ビビりますよね。いや、例えが下手すぎましたね。(笑)

とにかく初対面の人には敬語。親しい相手にはいわゆるため口で話すのが一般的です。

逆に、3年も4年も一緒にいる人に敬語で話されると距離があるように感じるでしょう。そしてビジネスシーンにおいても、特に敬語の概念は基本のマナーになってきます。親しい相手からなら、例えば強い口調で命令されても違和感はないでしょう。

しかし、

見ず知らずの他人からいきなり「~しろ!」なんて言われたら恐怖を感じます言葉遣いも、会話する相手によって適切な距離を保つのがポイントです。

物理的距離だけでなく、ことばにも適切な距離感がある

まとめ

対人関係と深くかかわることもあるこの距離感。スムーズな関係を保つには、相手に合わせた適切なキョリが必要ということですね。

「あなたにもっと近づきたい…!」なんてフレーズがあったりしますが、意外にも恋愛でも重要なポイントになったりします。

付き合ってもいない異性がべたべたくっついてきたら誰だって嫌ですよね。しかし、馴れ馴れしくない程度に気になる人とは親密さも保ちたい。このバランスのとり方は、恋愛というフィールドおいては楽しめる要素のひとつかもしれません。

トラブルも回避でき、円滑なコミュニケーションをとることが可能なパーソナルスペース。わりと分かりやすく、シンプルな心理学知識かと思います。

ぜひ日常生活に応用してみてください。

お読みいただき、ありがとうございました。


【本日の心理学用語】

  • プロクセミックス…それぞれの日常や文化での空間認識のこと。
ABOUT ME
アバター
DJやきいも
北海道在住。20代アラサー主婦。メンタル改善とマインドチェンジをテーマにビジネスから恋愛まで幅広い知識をご紹介。他にも自身の妊活記録やコラムなども公開中。