【おススメ】心理学の超初心者が読むべき本はコレ!シリーズ3選をご紹介!【書籍】

こんにちは!DJやきいもと申します。

今回は心理学を学ぶためにまず読んでおきたい書籍を3冊ご紹介したいと思います。

個人的なおススメ本です。

それでは早速参りましょう!レッツゴー!

スポンサーリンク

面白いほどよくわかる!シリーズ

このシリーズには本当に色々とお世話になりました。

かなり種類があって、監修本ですがかなり役立つ知識が豊富です。

何よりも図解やイラストの素晴らしさ。のみこみの悪い私でもすぐにインプットされました。

男の心理学

著者:齊藤勇 監修

 

これは面白かったですね。一番シリーズで面白かったかも(笑)

最後に『こういう男性』みたいなカテゴリ分けされたあるあるが載っていて、

あぁ~あの元カレはこういうとこあったわー!てな感じで読んでましたね。

 

やっぱり見慣れない用語の説明なんかは、字で理解するよりもイラストや図解で目で見て理解するほうがすんなりいきますね。(私だけかな?)

世の女性の皆様には一冊手にとっていただきたいですね。(笑)

『男心ってホントわかんない!何考えてるの?』

って方はとくに。

『あぁ~、こういう生き物だったのかぁ。』って、彼氏や旦那に優しくできますよ、一瞬でも。(笑)

 

”オトコゴコロ”を心理学的に捉えるファーストステップにするなら是非!おススメです。

あ、ちなみに以下の記事でも役立つヒント満載の恋愛心理テクが掲載されています。(笑)(宣伝か)

他人の心理学

著者:渋谷昌三

 

他人の心理学。

一気に心理学っぽくなりましたね!これも面白いです。

人間観察するのが趣味だよって人におススメ。

『あぁ~こういう人、いるいる。電車とかコンビニとか、会社とか。』

 

知れば知るほど面白い他人の心理学。

オールカラーで読みやすいですよ!活字がニガテって方もスムーズに頭に入ってくるんじゃないでしょうか。

ちょっとしたテキストっぽくて、私は大好きですね。

ふとしたときに、手にとって未だに読み返しますね。

 

スポンサーリンク

 

職場の心理学

著者:齊藤勇 監修

 

これはビジネスにおける最高の心理学本じゃないですか。

結構要点がまとまって絞られていて、

例えば、

『会議で座る位置』とかビジネスシーンにおいてのちょっとした心理的な要素が書かれていたりします。

 

営業マンの人は一冊あるとだいぶ違うかもしれないですね!

上司との関係性なんかも心理学的に解説されてます。

まぁ当サイトでもその辺は記事にしてありますので、是非ご参考に…(宣伝かい)

 

 

番外編

▼手にとるように心理学がわかる本

著者:渋谷昌三・小野寺敦子

もうコレ一冊でわりと網羅されてますよね。

心理学の種類から、心の病気まであらゆる関連した情報が載っています。

具体的な事例や実験なども分かりやすく解説されていますね。

 

番外編にしましたが、これメインでもいいくらい。

全般的な心理学知識が得られます。

ホントに勉強始めましたって方にピッタリですね!ゼロから読むべき一冊です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

3冊+1冊をご紹介しました。

というかシリーズで紹介させていただきました。

どれもホントに最初の一歩目の本って感じなので、

専門的な要素やカテゴリー別に詳しくっていうのなら専門書を読んだほうがいいかもしれませんね。

 

これらご紹介させていただいた本はまさに、

心理学に興味がないって人でも読んだら面白いような本ですからね。

本格的な用語やナレッジをお求めの方はぜひ書店でお探しください。

 

今は本もタブレットで読めちゃいますからね。手軽に情報を仕入れられる時代になりました。

なのでぜひ暇つぶし感覚でも上記の一冊を手にとってみてはいかがでしょうか。

 

本選びの参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

 


【本日の一曲】

コメント