ライフ

【ネット】匿名性の落とし穴って知ってる?SNSユーザーは必読!【トラブル】

先日、こんなニュースを目にしました。

今回は、匿名性の怖さをテーマに紐解いていきます!

全ては1件のツイートから

デマが拡散!?

2019年8月におこった”あおり運転”の事件。このドライブレコーダーの写真がニュースでもたくさん報じられました。高圧的な男性と、それを撮影する女性。まだ実名が出ていない時に、ネットでは”特定”が行われていました。要するに犯人探しですね。

するとインスタグラムの画像がヒット。たまたま装いが似ていたというだけで、全く別人が犯人に仕立て上げられたのです。

 

すると信じ込んだ人々はあっという間にそのツイートを拡散。その罪のない女性の経営していた会社にまで電話が殺到。業務不可能な状態にまで至ったといいます。

朝起きたら、自分が昨日の事件の犯人になっていた。(させられていた)

迷惑極まりない話です。

法的責任

こちらの被害女性は、こうした背景を踏まえ法的措置をとることに。個人はおろか、会社への損害を考えれば経営者として当然の判断かもしれません。

ではこのようなケースではどんな処罰や制裁があるのでしょうか?調べてみました。

個人のプライバシーに関する情報を流したとします。すると以下のような罪が適用される場合があります。

名誉毀損罪(例:人の社会的信用度を低下させるなど)

侮辱罪(例:事実でもない事象を取り上げ社会的信用度を低下させるなど)

当然ケースバイケースですが、中には刑事事件として取り扱われることもあるそうです。不法行為が認められれば、請求や賠償を求めることもできるそうです。

裁判は想像以上に体力や時間を奪われます。たった一瞬の発信で、人生を大きく左右することもあるということですね。加害者はもちろん、被害者になる可能性だってゼロではありません。

ネットトラブルに巻き込まれないためには、

日常生活と同様にネットでも法で裁かれる可能性があるということを知っておいて損はなさそうです。

ネットの中でも、日常と同じく様々な法律が適用される!

スポンサーリンク

匿名性と心理学

ジンバルドーの実験

匿名性をあらわす実験があります。シンプルに言うと、他人に電気ショックを与えるという内容。

あるグループには名前を公開させる。もう片方のグループは匿名で名前を伏せる。対照実験というやつですね。

結果から申し上げると、匿名のグループにはより電気ショックを与える時間が長かったことがわかったのです。ということは、名前を開示している人に対しては苦痛を和らげていたのですね。

一人の人間に対して何も情報がない状態だと攻撃性が増すということです。恐ろしい結果になりましたね。しかし匿名にはこういった心理的背景があるということがわかりました。

攻撃性が増す

ヒトは匿名だと攻撃性が増すという心理があります。まさに上記の実験でもわかったことですね。

人は誰かと繋がっていたいという欲求があります。現実の人間関係がうまくいっていなかったり、何か満たされていない状態だとなおさら隠れた世界へ行き場を求めてしまうんですね。

掲示板で言えば”荒らし”だったり、一般だけでなく芸能人に対しての誹謗中傷もこれにあたります。自己を満たす対象がネットであっても、匿名で特定の誰かや何かを攻撃してしまわないよう節度ある利用を心がけましょう。

参考程度ですが、上記の監獄実験を題材にした映画がありました。

気になる方はチェックしてみてください。

ネットトラブル回避方法

画面の向こうをイメージ

パソコンやスマホ画面から読み取れるのは、文字です。現在地もわからない、見ず知らずの他人が入力した文字列。その無数の文字から織りなすものがインターネットの世界なんですね。

しかしその文字は、誰かが入力しないと表示されません。

何が言いたいかというと、画面の向こうには生身の人間が必ずいるということです。

特にSNSの世界はそうですね。誰かの「今」がリアルタイムで流れてくる媒体です。

画面の向こうには生身の人間がいることを忘れずに

想像力をフルに働かせる

ではどう対策したら良いのか。想像力を持ちましょう

「ここでこう言ったらどうなるか?」

「この発言はふさわしいだろうか」

イメージしてから、言葉を選んで発信することはできますよね。そのボタンの一押しで、一瞬で全世界に広まってしまうわけです。

ネット世界といえども、

画面対画面ではなく人間と人間のコミニュケーションということを忘れないことが大事です。

ネットでもリアルでも、人間同士のコミニュケーション!

スポンサーリンク

SNSで特に気をつけたいこと

安易な同調は控える

インターネットの世界は、責任の所在が曖昧な部分が多いです。匿名だらこそ何を言ってもお咎めなしなんて思っている人も少なくありません。中でも多いのが

「あの有名な人も発言している」

「あのインフルエンサーもRT(リツイート)しているから」

という同調の心理です。

『赤信号 みんなで渡れば怖くない』といったところでしょうか。

私一人に責任が追求されることはないだろうという責任逃れの安心感がそれを生むのです。

発言に責任を

実生活では名前も役割も知られているため、見えない規制がかかっています。しかしネットの中では誰がどう発言しているかなど知る由もありません。なんでもアリだからOKなんて考えは安易ですよ。

一人の人間として、自分の発信したことに責任を持ちましょう。

思わぬ火種が大惨事を呼ぶ前に、です。「匿名だしSNSなんて誰も見ていないだろう」のマインドでは、自分が加害者になる可能性だってあるということです。

写真は特に慎重に

言葉だけでなく、画像をアップロードする点でもトラブルが報告されています。誰かの作品であれば著作権だったりいろいろな権利ごとが付きまといます。

そして、位置情報や個人情報をつい掲載してしまい特定されることもあるそうです。

もし居住地やパーソナルな部分が知られている時は、十分な防犯体制をとりましょう。犯罪に巻き込まれないよう、むやみな写真のアップロードは控えましょう。

トラブルの元になる媒体は言葉だけでなく、画像なども含まれる!

スポンサーリンク

まとめ

とはいえ、現実社会をより楽しいものに、便利をもたらしたのもインターネットなわけです。この恩恵を受け、ルールを守っていれば非常に有効なコミニュケーションツールですよね。

あの時のあの「いいね」が、あの拡散がもし間違っていたら。誰かを知らずのうちに陥れてしまっていないか。あるいは根も葉もないデマなどで被害者になるかもしれない。

ネット社会を甘くみてはいけません。

ネットだと割切らずに、ほんの少しの意識でもコミニュケーションはガラッと変わります。トラブルにならないよう、この記事が何かの役に立てば幸いです。

ABOUT ME
アバター
DJやきいも
北海道在住。20代アラサー主婦。メンタル改善とマインドチェンジをテーマにビジネスから恋愛まで幅広い知識をご紹介。他にも自身の妊活記録やコラムなども公開中。